未分類一覧

猫の事務所 感想①

宮沢賢治作 猫の事務所の感想です。人種差別をにおわせる記載、お役所仕事に対する見解、最後の獅子が命じる解散について書いています。

オツベルと象 感想①

テーマ的には注文の多い料理店と似通ったものを読み取りました。拝金主義、動物軽視、人間の過信、(テーマではないですが)最後に不可解な一文。あとは資本家と労働者の対立というテーマも読み取れます。

注文の多い料理店感想③

動物軽視と拝金主義気味の二人の紳士が猫達に食べられそうになり、殺されるのはかわいそうだなと同情した後、無事に二人の紳士が助かります。物語が終わると思われる中、最後に動物軽視と拝金主義に対する皮肉が一文出てきて話が終わります。

注文の多い料理店感想②

頻出する筋が通らない記述、現実と真逆の世界、物語の世界からいい感じでくっきり対立している紳士達 印象的な部分を書き出した注文の多い料理店の感想②になります。

注文の多い料理店感想①

人間も元々は自然で他の動物に食べられる立場でしたが、その時の恐怖とか本能みたいなものが遺伝子的にはずっと受け継がれていて、そういうのがこの話を読むことでちょっとだけ呼び起こされるのかと